小学校の先生に2週間、セブ留学で休むことを伝える

セブ留学の準備、相変わらずのんびりペースです。今週はようやく子どもたちのパスポートの書類を書き、写真を撮りました。

ところで今回のセブ親子留学、費用はQQEnglish様に負担して頂けるのです!インフルエンサー企画で行くので、現地の様子をブログに書くというタスクがある代わり、レッスンや食事、空港へのピックアップなどの諸費用が無料になるんです。

本当にありがたいお話で、ママブロガーとして思いっきり頑張ろうと思います;;

しかし、滞在する時期には制限があり、繁忙期である連休や夏休みは避けないといけません。家や仕事の都合を考えた結果、10月に行くことになりまして・・・小学校を休まないといけないのです。

2日くらいなら旅行で休んだことあるんですが、さすがに2週間は初めてのこと。
小学校ではどんな対応になるのかな?とかなり気になってました。

担任の先生とお話した結果、驚きの対応だった

夏休み前に個人懇談があったので、長男の担任の先生に思い切って、おそるおそる聞いてみました。

「あの、実は仕事でセブに行って現地の様子をブログに書くことになりまして。10月に2週間お休みするのですが、学校はどうなるでしょうか?」

えーーっ、そんな長く?!って批判されるのかな、と身構えてたんですが

「それ、めっちゃいいですね!!」

って言われた。おおお、そんな反応かえってくるとは。
拍子抜けしたし、ホッε-(´∀`; ) とした。

私用で長いあいだ休んだ場合、勉強をどうするのかというのは、国や自治体で特に決まってないらしい。
担任の先生が生徒の希望を聞きながら、話し合って決めるとの事でした。

事前にプリントなどもらって、旅先でやるとか。
帰ってから休み時間や放課後に補習を受けるとか。

担任の先生に、長男君に無理のない方法を考えますねー、と言ってもらって、なんか、なんか、ありがとうございます、という感謝の気持ちでいっぱいでした。

子ども達にとって、きっと良い経験になると確信していたけど、親の決めたことで学校を休ませることに罪悪感はあったので、こちらの勝手な都合に、学校の先生がこんなに寄り添ってくださるなんて…と、感動。

二学期が始まったら、具体的にどうなるのか決まると思うので、またブログに書きます。

最終日はちょっといいホテルに泊まるよ

ところで帰国時の飛行機、なんと10:30のフライトなんですね。けっこう早い!
学校終わった次の日の朝にバタバタ帰るのはちょっと残念なんで、2週間がんばったご褒美もかねて、最後に一泊だけ良いホテルに泊まろう!と思いつきました。

子連れ向きで、空港近いところが良いなーと探してみてるんですが、シャングリラ マクタン リゾート アンド スパが良さそう。

旅ブロガーさんの記事を読みあさっていると

  • 食事が美味しい
  • スイーツも美味しい、ただ甘いだけじゃなく繊細な美味しさ
  • プールがたくさんある
  • プライベートビーチが大変きれい
  • ファミリー向けのサービスが多く、日本人の子連れ観光客が多い

などなど、最後にリラックスした時間を過ごすには、とても良さげです。

出発まであと一ヶ月ちょっと。
そろそろ真剣に準備を進めていこうと思います。

この記事を書いた人

mihoji

大阪でWEB屋さんをやっています。 WordPressを使ったサイト構築と、小規模な企業のマーケティング提案が得意です。 WordPressとIT系勉強会とビールがすき。



即戦力エンジニアになりたいなら、WebCamp Pro
3ヶ月で転職できない場合、なんと全額返金あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします