QQ English セブ親子留学 14日目

最後の授業が終わった翌日、土曜日の10時には学校をチェックアウトしないといけません。
慌ただしく帰るのは少しもったいないと思い、最終日は一泊だけ、ホテルに泊まることにしました。

2週間も滞在していると、荷物を片付けるのも一苦労。
なんとかスーツケースに詰め込んで、ホテルに移動。

泊まったところは、シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ
なぜここを選んだのかというと、ビーチがとてもきれいという口コミを見たからです。

学校のチェックアウト直後に行ってしまったので、10時前に着いてしまったのですが、お部屋の準備ができているとのことで、早めに案内してもらえました。たすかる。

荷物を置いたら、すぐにビーチに出てみました。砂も水も、とってもキレイ!

ビーチの受付で、シュノーケルとフィン(有料)を借りることができます。
子どもサイズもあってよかった。

波打ち際のすぐそこまで、魚がいっぱい来るのでびっくり。
小さい子でも安心して遊べるし、楽しめると思います。

プールも2箇所あります。
いわゆる「リゾートプール」なので、スライダーなどの遊ぶ施設は充実していませが、とってもきれいで、落ち着いた雰囲気。

水着のまま食事もできます。バーガーを頼んだら、大き過ぎて食べきれなかった。味は、めっちゃ美味しかったです!
フィリピンは全体的に、食事はいまいちな印象があったのですが、シャングリラの中で食べるものは、わりと何でも美味しい。しかし、日本と同じくらいの値段なので、お得感はないです。

子どもの顔くらいの大きさのバーガー。いっぱい泳いでお腹すいてたので、思い切ってがぶりつきました。

こんなに大きいと知ってたら、ハロハロは頼まなかったのに・・・。
こっちもかなり大きかったです。ほんとにお腹いっぱい。

セブのホテルや観光地では韓国人をいっぱい見かけるのですが、シャングリラは欧米人もけっこう多いなあ、という印象。
シャングリラは五つ星ホテルなので、宿泊費も他よりは多少高いんですが、来てよかったなあと思いました。

シャングリラのよいところ

  • お部屋がキレイ
  • スタッフがとても良い笑顔
  • サービスが行き届いている
  • レストランもとてもよい
  • インターネット、さくさく繋がって感動
  • トイレの水がよく流れる(重要)
  • ビーチのトイレもすごくキレイ

晩御飯は「Tids(タイズ)」というビュッフェ・レストランで食べました。
ディナーは、大人1人につき5,000円くらいしますが、11歳以下の子どもは1人無料になるのが嬉しい。

フィリピン料理の他、日本食や中華など、各国のいろいろな料理が楽しめました。スイーツも充実しているし、味もよかった。

なんやかや言って、ぜんぜん食べれてなかった、フィリピンの伝統料理「Lechon」をようやく食べれた。

ずーっと泳いでいたので、子どもたちはぐっすり寝てしまいました。

私はなんとなく、明日セブを離れてしまうのか・・・と寂しいのと、飛行機に間に合うように6時に起きられるだろうか、という心配なのが重なり、なかなか眠れない。
仕方ないので、シャングリラの売店で買ったフィリピンのビール「サンミゲル」を飲んでぼーっとしてました。

明日はいよいよ、日本に帰ります。

この記事を書いた人

mihoji

大阪でWEB屋さんをやっています。 WordPressを使ったサイト構築と、小規模な企業のマーケティング提案が得意です。 WordPressとIT系勉強会とビールがすき。



即戦力エンジニアになりたいなら、WebCamp Pro
3ヶ月で転職できない場合、なんと全額返金あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします