テンション上がる!作業中におすすめのボカロ曲10選

2月は仕事が本当に忙しい1ヶ月でした・・・打ち合わせが多い仕事なので、外を飛びまわっている日がそれなりに多いのに加えて、制作作業の時間もかなり増えたので、家にいる日はずっとディスプレイ2台に向かってデザインやWordPressのコーディング、そして確定申告に備えての決算をしていました。

そんな作業中、飽きてきたときの気分転換として、よくボカロ(ボーカロイド、Vocaloid)の曲を聞いているのですが、爆音で聞くと目が覚めるしテンション上がって、また頑張ろうという気になります。

ボカロは好き嫌いあると思うんですが、私的な最近のおすすめ曲をいくつかご紹介したいと思います。

妄想感傷代償連盟

ワールズエンド・ダンスホール

リバーシブル・キャンペーン

からくりピエロ

daze

ゴーストルール

ロストワンの号哭

東京テディベア

フラジール

ドーナツホール

他にも、もっといろいろあるのですが・・・ぱっと思いつくものを挙げてみました!

そもそもボカロって何?

ヤマハが開発した音声合成技術、及びその応用製品の総称である。略称としてボカロという呼び方も用いられる。メロディーと歌詞を入力することでサンプリングされた人の声を元にした歌声を合成することができる。
引用:wikipedia

ボカロって、ヤマハが開発した技術なんですね!なんだろう、簡単に言うと、人間が作った曲を人間が歌うのではなく、Aiが歌うといった感じなのでしょうか。

ボカロでいちばん有名なのは「初音ミク」ですが、ボカロは他にもたくさん、キャラクターがいます。例えば、「鏡音リン」「巡音ルカ」「重音テト」などなど、私はいまいち区別できていないのですが、中学生や小学生の子どもたちは、聞いた途端に誰が歌ってるのか分かるそうです。

カラオケ大手のJOYSOUNDが発表している「年代別 カラオケ年間ランキング」を見ると、ボカロ曲は主に10代に人気があるようで、私も娘から教えてもらってボカロにハマった感じです。同世代の方で聞いている人いましたら、おすすめ教えてください!

この記事を書いた人

mihoji

大阪でWEB屋さんをやっています。 WordPressを使ったサイト構築と、小規模な企業のマーケティング提案が得意です。 WordPressとIT系勉強会とビールがすき。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします