QQ English セブ親子留学 0日目

大阪からセブまでは、フィリピン航空で直行便が出ていたので利用しました。
4時間半なんてあっという間やろと思ってたけど、やっぱり疲れたー。子供たちはたいくつしてたけど、PCでマイクラしながら過ごしてました。WiFiなくても遊べるのはありがたいね。

宿題をしている、かしこい娘。漢字と計算ドリルの宿題がでてるみたい。でも、できなかったらやらなくてもいいと言われたらしい。

フィリピン航空を使うのは、今回が初めて。
クルーは明るく素敵!が、機内食は若干いけてないw ごはんとチキンに、なぜかマドレーヌ2個とパンがついてきた。

到着が夜だったので、外はすでに真っ暗。外に出た途端、すごい湿気で娘のメガネが曇るし、スマホが結露する。

QQ Englishのスタッフさんが迎えに来てくれてた。他にも語学学校のお迎えの人がたくさん。セブ留学、流行ってるんですねー。

空港からは専用のマイクロバスで移動。

飛行機から見たときは明かりがたくさんあるように見えたけど、セブ市内は真っ暗、電気がほとんどない。信号もない。思っていた以上に田舎だった。

到着してから軽く施設紹介してもらい、部屋に移動。


QQ Englishさんが用意してくださったのは、ここで一番よいお部屋、エグゼクティブルーム!施設はかなり古いけど、キレイに掃除してあるし、エアコンも効き過ぎずに快適。
アジアのホテルって、どこ行っても冷蔵庫みたいに寒い印象があったのです。


トイレは清潔だし、お風呂も広い!バスタブもあって感激。けど栓が壊れているっぽくてお湯をはることはできなかった。

セブのトイレにはトイレットペーパーを流すと詰まるので、紙はゴミ箱に捨てるとのこと。うっかり流しそうになるので気をつける。
アジアでは流せない国が多いのだそうで、なるほどーと思う。大阪の公衆トイレ、どこっても「紙は流してください」って貼ってある理由を理解した。

到着した時点で学校の夕食は終わっていました。なんと、食事がないというw
機内食を18時くらいに食べていたのでお腹が空くけど、ここに来たばかりで、売店らしきものの使い方もよく分からない・・・。

仕方ないので、持って来たカップラーメンを食べた。
しまったなあ。もしかしたら、もっと食料を持ってくるべきだったのかも。というか、ご飯がないと分かっていたらなんとかできたんだけど、これがセブかーw

そして、学校のWiFiは弱いと聞いてたけど、ほんとに弱くて、まったくつながらない、もしくはつながるけどすぐ切れる。仕事用に大容量のWiFiを借りて来ていてよかった。子供にYoutubeはやめといてくれと頼む。

スタッフの方が、お部屋にウェルカムフルーツを届けてくださいました。
マンゴーがすごい美味しい!スイカは微妙。

もっと何かアクティビティをしようと思っていたのだけど、疲れていたので、シャワーに入ってすぐ寝てしまいました。

この記事を書いた人

mihoji

大阪でWEB屋さんをやっています。 WordPressを使ったサイト構築と、小規模な企業のマーケティング提案が得意です。 WordPressとIT系勉強会とビールがすき。



即戦力エンジニアになりたいなら、WebCamp Pro
3ヶ月で転職できない場合、なんと全額返金あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします