FE ADVANCED SEARCHでカスタム分類間での複雑な絞り込み検索を実現

WordPress用絞り込み検索プラグイン「FE Advanced Search」は有料プラグインですが、とても高機能で、プログラマーでなくても複雑な絞込み検索を実現できるのが魅力です。
しかも、インストールするサイト数は無制限、サポートも無料、という点も素敵すぎます。

今回、カスタム投稿を対象としたターム間でのAND検索を実現したく、このプラグインを使わせていただいたので、その時のちょっとしたtipsを書き留めようと思います。

▼ ターム名がリンク無しで表示されるのを、リンク有りにする

form-controller.phpの694行目あたりに

. $get_cats[$i_ele]->name . $cat_cnt .

こんな感じでターム名と件数を出力している箇所があるので

<a href='". get_term_link(intval($get_cats[$i_ele]->term_id),$taxonomy) ."'>" . $get_cats[$i_ele]->name . $cat_cnt ."</a>

みたいに書き換える。

▼ 検索結果テンプレートの中で、FE Advanced Searchの内容と普通の内容を分岐

<?php if($_GET['csp'] == 'search_add'){ ?>
ここにFE Advanced Searchの検索結果の内容
<?php }else{ ?>
それ以外の内容
<?php }?>

▼ 検索結果でページングが効かない時

ループの前に下記のように記載(※下記は40件毎にページングの場合)

<?php query_posts('posts_per_page=40&paged='.$page); ?>

この記事を書いた人

mihoji

大阪でWEB屋さんをやっています。 WordPressを使ったサイト構築と、小規模な企業のマーケティング提案が得意です。 WordPressとIT系勉強会とビールがすき。



即戦力エンジニアになりたいなら、WebCamp Pro
3ヶ月で転職できない場合、なんと全額返金あり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします